週に1回程度、宿泊を伴う面会交流を認めさせた調停離婚の事例

「基本情報」

依頼者の性別 男性
年代 夫:40代/妻:30代 
職業 夫:会社経営/妻:主婦
結婚歴 約10年
子供 3人(8歳、4歳、3歳)

「依頼の経緯」

依頼者と妻は、半年間で言い争いが増え、仕事や家庭内の金銭のこと、嫁姑の確執等で折り合いがつかなくなっていました。妻が子供を連れて別居を開始したことを機に依頼者が調停を申し立てた後、調停の進行について相談に来られました。

「争点」

面会交流の頻度

「解決のポイント」

 依頼者は当初から、相当金額の養育費と若干の扶養的財産分与を行うことを提案していました。他方、子供らと毎週面会し、宿泊することも求めていました。

 妻は、月に一度程度の面会交流以上は認めるつもりがないとの姿勢を崩そうとしませんでした。しかし、期日間の連絡で妻に対して友和的な態度を示し、子供らの意見も求めたところ、妻も徐々に夫婦間の関係と父子、母子関係は別であるとの理解を示すようになりました。

 そこで、子ら3人の養育費として月15万円、解決金とし120万円を支払う一方で、週に1回程度、3人の子らと宿泊を伴う面会交流を認めることで合意しました。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集