事実無根の不貞の慰謝料請求を、内容証明を送り、すぐに解決できた事例

依頼者:50代女性 会社員
相手方:50代女性 専業主婦
争点:不貞行為の有無、慰謝料

経緯

 突然、知り合いの男性の妻から内容証明郵便が届き、200万円の慰謝料請求を受けたということで、当事務所にご相談に来られました。書面の内容には、「夫と浮気をしたことについて、慰謝料を支払って欲しい。」というものでしたが、依頼者の話を聞いていると、男性とは共通の趣味を通したオフラインミーティングで仲良くなり、二度ほど二人で食事に行っただけで、浮気の事実はありませんでした。

対応

 当方で依頼を受け、「浮気の事実がないこと」「慰謝料の請求に応じることができないこと」について、内容証明を作成し、相手方に送りました。それ以来、相手方からの音沙汰はなくなり、慰謝料も支払わずに済みました。

ポイント

 事実無根の不貞の疑い、慰謝料請求に対して、弁護士が内容証明を送ることでスムーズに解決することができました。当事者間での話し合いでは、事実関係が明確にならぬまま感情での話し合いになってしまうこともあるため、第三者が入ることで冷静に話し合いを進めることができます。

 不貞行為における慰謝料請求の対象は、性交あるいは性交類似行為に及んだかどうかで判断されるため、二人きりで食事に行っただけで、慰謝料を請求されることはありません。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集