受任後1ヶ月程度で150万円の不貞慰謝料を獲得した事例

依頼者 30代 女性 主婦

相手方 30代 女性 パート

争点 慰謝料額

 

経緯

 依頼者の夫が浮気していました。携帯電話のメールから不貞が発覚し、相手女性の連絡先も同時に判明しました。依頼者は、相手方に直接連絡して交渉しましたが、相手方は不貞を認めませんでした。その後、依頼者は、夫と相手方が面会している場に遭遇したため、二人を問い詰めると、二人は不貞行為を認めました。不貞相手がどうしても許せないので慰謝料を請求したいということで、当事務所に相談に来られました。

 

対応

 依頼を受けた後、直ちに慰謝料を請求する内容証明郵便を送付しました。すると、相手方も弁護士に依頼し、弁護士同士の交渉になりました。

 当初、相手方は100万円支払うという提案をしてきましたが、金額を上げるよう交渉しました。

 その結果、二度と夫と連絡を取らないことを約束させ、150万円の慰謝料を獲得しました。受任後1ヶ月程度で事件が解決しました。

 

ポイント

 離婚が成立しない場合、通常100万円から150万円程度で解決するケースが多いと思います。本件は、早期に双方に弁護士がついたため、比較的短期間で解決しました。裁判に持ち込まなければ比較的短期間で解決することもあります。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集