Q.不倫や離婚の慰謝料はいつまで請求できる?

 夫や妻が不倫した場合、不倫相手や不倫した夫や妻に対して慰謝料を請求できますが、この慰謝料はいつまで請求できるのでしょうか?

 

 慰謝料請求は原則として3年で時効になります。問題なのは何時から3年間なのかです。

 法律の条文(民法724条)には「損害および加害者を知った時」から3年と書いてあります。

 まず、不倫(不貞)慰謝料を請求するとき、夫や妻の不倫相手の身元が全くわからないような場合は、調べてわかったときから時効がスタートします。ですが、ずっと相手がわからない場合、ずっと時効にならないかというとそうではなくて、不貞行為発生から20年で時効になります。

 不倫が続いていた場合、その不倫関係と不倫相手を知ったときから時効がスタートします。ただ、不貞が続いていても、不倫の結果、夫婦が離婚した場合には、不倫の相手に対する慰謝料は離婚のときからスタートするとした裁判例(東京高判平成10年12月21日判タ1023号242項)があります。

 離婚による精神的苦痛に対する、夫や妻への離婚慰謝料については、原則として離婚のときから時効がスタートします。

 以上のようにスタートした時効期間も、裁判をおこしたり調停をおこしたり、相手が慰謝料の支払いを認めた場合は中断します。

 なお、不倫慰謝料と離婚慰謝料が別の権利のものであることについては
 http://www.saito-law.com/blog/2014/08/post-32-964894.html
 を参考にしてみて下さい。


法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集