Q.財産分与の割合は一律で決められているのですか?

質問

 会社の経営者を務めていますが、仕事が忙しく、満足に家族との時間を作れなかった結果、妻から離婚を請求されてしまいました。条件面についての話し合いを進めていますが、財産分与の割合に不満があります。財産分与の割合は一律で定められているものなのでしょうか。

回答

 財産分与の割合については、二分の一にするというのが原則的で、例外が認められるケースは多くありません。財産分与の基本的な考え方として、婚姻期間中に作った財産は、夫婦共有財産として、両方が同じ割合で貢献していると考えられています。二分の一ルール自体は法律で定められているものではなく、実務運用上の原則でしかありませんが、強い効力を持っているのが実情です。

 ただし、財産への貢献が明らかに違う場合には、財産分与の割合が二分の一にはならないこともあります。本件のような会社の経営者の方や芸能人の場合には、「一方の特別な能力で財産に貢献した」として、財産形成に対する寄与の割合の違いを認められる場合もあります。

 個別事情により異なりますので、一度専門家である弁護士にご相談されることをおすすめします。


法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集