Q.子どもの親権と監護権をわけるにはどのような手続きが必要でしょうか?

質問

 夫との協議の結果、子どもの親権と監護権をわける条件で離婚することになりました。この場合、 どのような手続をとればよいでしょうか?

回答

 まずは親権と監護権との違いを理解する必要があります。親権は、未成年の子どもに代わって財産を管理し、財産関係の契約を代理でする権利(財産管理権)を有します。親権では、財産管理権のほかに身上監護権も含まれます。身上監護権では、子どもを養育したり、叱ったりする権利(懲戒権)も認められます。

 監護権のみを取るということは、上記の身上監護権のみを取得することになります。15歳未満の子どもがいる場合、子どもの養子縁組の承諾をできるのは親権者ですが、監護者の同意も必要であるとされています。一方が知らぬ間に養子縁組をする可能性を排除するために、離婚届で親権者と監護者と分けることがあります。

 ただし、実際には裁判所で親権と監護権とを分けるという判断をすることは原則ありません。ですので、もし親権と監護権とを分けたいのであれば、当事者間の話し合いで協議書を作るのが良いでしょう。


法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集