弁護士費用

  • 相談
  • 協議書・公正証書作成
  • 協議サポート
  • 調停サポート
  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚
  • 強制執行

1 法律相談

初回法律相談無料(初めて事務所に来られた方)

(その他の法律相談 5,000円/30分)

 

2 協議サポートプラン

10万円(+税)

【サービス内容】
期間内で電話・メール・事務所での面談によるご相談がご利用いただけます。 
※相手方との交渉や、調停・訴訟などはプラン内容に含まれません(別途費用が必要)

※書面作成(離婚協議書を除く)は1回1万円の費用をいただきます。協議離婚書を作成する場合5万円の費用を頂きます。

 3 調停サポートプラン

 15万円(+税)

【サービス内容】
期間内で電話・メール・事務所での面談によるご相談がご利用いただけます。
調停期日の前後に打ち合わせを行い,調停期日での対応や,書面や証拠資料の提出などについてのアドバイスをさせていただきます。
また、ご自身で作成していただいた書面のチェックもさせていただきます。
※弁護士による相手方との交渉や、調停への同行・訴訟代理などはプラン内容に含まれません(別途費用が必要)。
※書面作成は1回1万円の費用をいただきます。

4 離婚協議書・離婚公正証書作成

①離婚協議書作成

10万円

【サービス内容】
お客様の希望に沿って離婚協議書を作成します。比較的簡易な案件で、当事者同士で話し合って離婚条件が合意しているケースを対象としています。また、必要に応じてアドバイスもさせていただきます。
なお、弁護士による交渉の代理は含まれず、離婚協議書には弁護士の名前は記載されません。

 ② 離婚公正証書作成

15万円

【サービス内容】
上記①の離婚協議書を公正証書にします。公証役場との調整、公正証書の文案の作成、公正証書作成の際の立ち会いなどを行い、離婚協議書を公正証書にするまでのサポートをさせていただきます。なお,この費用とは別に、公証役場に支払う手数料が必要となります。

 

5 離婚協議・調停・訴訟代理プラン

⑴ 離婚協議代理プラン

弁護士がお客様の代理人として、相手方と交渉を行います。交渉の進め方(内容、時期、立会の有無など)については、お客様のご要望をお聞きして、できる限りご希望に沿うよう進めていきます。
また、相手方と合意ができた場合、離婚協議書の作成(公正証書も可)、離婚届提出のサポートなどもさせていただきます。

着手金 30万円

報酬金 30万円+経済的利益の10%

※親権について争いがある場合(実質的な争いがある場合)は、着手金・報酬金の額はそれぞれ上記に10万円プラスとなります。

⑵ 離婚調停代理プラン

弁護士がお客様の代理人となって、離婚調停を進めさせていただきます。調停の申立て、調停への出席、提出書類や証拠の準備、調停外での相手方との交渉など、離婚調停成立に向けてのあらゆる活動をさせていただきます。

着手金 35万円

報酬金 35万円+経済的利益の10%

※親権について争いがある場合(実質的な争いがある場合)は、着手金・報酬金の額はそれぞれ上記に10万円プラスとなります。
※離婚協議サポートプランから引き続いてご依頼いただく場合は、着手金の差額(例:調停サポートの着手金35万円と協議サポートの着手金30万円の差額5万円)がこのプランの着手金の額となります。

⑶ 離婚訴訟代理プラン

離婚調停が不成立となった場合に、弁護士がお客様の代理人となって離婚訴訟を進めさせていただきます。訴訟の提起、訴訟への出席、提出書類や証拠の準備、訴訟外での相手方との交渉など、離婚訴訟を有利に進めるためのあらゆる活動をさせていただきます。

着手金 40万円

報酬金 40万円+経済的利益の10%

※親権について争いがある場合(実質的な争いがある場合)は、着手金・報酬金の額はそれぞれ上記に10万円プラスとなります。
※離婚調停サポートプランから引き続いてご依頼いただく場合は、着手金の差額(例:訴訟サポートの着手金40万円と協議サポートの着手金35万円の差額5万円)がこのプランの着手金の額となります。

 

【まとめ】

【代理なしプラン】手数料備考
継続相談プラン5万円/3ヶ月以後2万円/月で更新可
離婚協議書作成プラン10万円公正証書にする場合はプラス5万円
【代理ありプラン】着手金報酬金備考
離婚協議代理30万円30万円
+経済的利益の10%
※親権が実質的に争いとなる場合は着手金・報酬金ともにそれぞれ10万円プラス
※協議サポートから調停サポートに移行する場合、調停サポートから訴訟サポートに移行する場合の着手金はそれぞれ差額分のみとなります。
離婚調停代理35万円35万円
+経済的利益の10%
離婚訴訟代理40万円40万円
+経済的利益の10%

 

【補足説明】

※経済的利益の額については,基本的に次のとおりとなります

 請求する側請求される側
財産分与得られた金額得られた金額
慰謝料・解決金得られた金額相手方の請求から減額された金額
養育費2年分の合計額相手方の請求から減額された金額の 2年分
婚姻費用得られた金額
(ただし2年分を上限)
相手方の請求から減額された金額
(ただし2年分を上限)
親権者の指定親権が得られた場合
(報酬金10万円~30万円)
親権が得られた場合
(報酬金10万円~30万円)
面会交流面会交流が実現した場合
(報酬金10万円~20万円)
面会交流で相手方の請求が減縮された場合
(報酬金10万円~20万円)
年金分割なしなし

※経済的利益の額、内容については、ご依頼を受ける際に協議の上で決定させていただきます。
※例:財産分与100万円、慰謝料200万円、養育費月額3万円が得られた場合の経済的利益の10%の計算
100万円+200万円+(3万円×24か月)×10%=37万2000円

 

6 離婚なしのプラン

離婚は問題となっておらず,財産分与,慰謝料,養育費,年金費用,婚姻費用について問題となっている場合で,弁護士が代理人として活動させていただく場合のプランです

 着手金報酬金
財産分与の請求20万円経済的利益の10%
慰謝料の請求10万円経済的利益の20%
養育費20万円2年分の合計の10%
婚姻費用20万円経済的利益の10%(2年分が上限)
子の監護者の指定30万円30万円~40万円
親権者の変更30万円30万円~40万円
面会交流30万円30万円~40万円
子の引渡し30万円30万円~40万円
年金分割10万円10万円

※請求が複数の場合には,協議の上で決定させていただきます。

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集