交渉によって早期に1000万円以上の支払い受けた事例

依頼者:妻、40代、パート
相手方:夫、40代、会社員
子ども:2名
争点:財産分与、解決金、大学入学金

経緯

 依頼者は、夫から、「不貞関係ではないが大切な人がいる。とにかく別れて欲しい。」と言われたことに悩み、当事務所に相談に来られました。依頼者から話を聞く限り、夫の不貞を証明する証拠が全くなかったので、依頼者の希望もあり、探偵事務所を紹介しました。すると、不貞行為の直接の証拠は得られませんでしたが、夫が特定の女性を頻繁に送迎していることが判明しました。そこで、依頼者が離婚を決意し、当事務所にご依頼頂くことになりました。

対応

 不貞行為の直接の証拠はありませんでしたが、夫に対して、不適切な男女関係による離婚を申し入れました。すぐに夫が代理人を選任し、代理人同士で離婚の交渉を進めました。夫側は財産分与について相場の半額程度の金額しか提示してきませんでしたが、夫に離婚を申し入れる前に、依頼者から夫の財産を十分に調査してもらっていました。そこで、通帳のコピーなどの証拠を示して適正額の財産分与の支払いを求めました。また、不貞行為の直接の証拠ではなかったものの、探偵の証拠も積極的に示すことにより、300万円解決金の支払いを合意させました。また、子供たちが高校生だったことから、大学進学時の学費として、通常の養育費の外に各自200万円を離婚時に支払うことを合意しました。

ポイント

 夫に対する交渉を始める前に、夫の財産状況を調査したり、探偵を用いて夫が言う「大切な人」を調査しておくことによって、交渉を有利に進めることが出来ました。また、夫側の代理人に対して、交渉の初期から証拠を見せることにより、早い段階で依頼者に有利な流れを作ることが出来ました。

離婚の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集