親権、慰謝料を獲得したモラハラ夫との裁判離婚の事例

「基本情報」

依頼者の性別 女性
年代 夫:30代/妻:30代 
職業 夫:個人事業主/妻:従業員
結婚歴 約10年
子供 1人(5歳)

「依頼の経緯」

夫からの暴言が酷く、時には暴行を受けることがあるとのことで、妻から離婚したいとの相談を受けました。

「争点」

離婚の可否、親権、不動産の所有関係、離婚慰謝料

「解決のポイント」

 当職と夫の話合いでは、夫は全く離婚する気がなく、親権も譲らず、金銭も不動産も渡す意思がないとのことでしたので、調停を申し立てました。夫は非常に印象の良い話し方をし、いわゆるモラハラ的要素を感じました。調停の場でも夫は全く譲る意思がなく、早期に不成立となりました。そこで当方から離婚訴訟を提起しました。

妻は暴言、暴行等について記録を付けており、暴行は比較的軽微なものでしたが診断書もありました。そこで、裁判所で和解の協議を進めた結果、親権は妻が取得し、慰謝料として100万円を得ることで合意しました。妻が有していた不動産の持分は夫に移転し、ローンを夫の負担としました。

面会交流について、別途夫が調停を申し立てましたが、手紙等の間接交流にとどめるとの内容で調停が成立しました。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集