不動産、退職金、慰謝料等、優位な条件で離婚を成立させた事例

「基本情報」

依頼者の性別 女性
年代 夫:60代/妻:60代
職業 夫:会社員/妻:主婦
結婚歴 約40年
子供 2人(いずれも成人)

「依頼の経緯」

依頼者夫婦は夫の海外赴任をきっかけに不仲となり、数年の別居後、夫が離婚調停を申し立てました。依頼者である妻は、離婚をするか否か、離婚の条件をどのように考えたらよいのか迷っておられ、当職に相談に来られました。

「争点」

離婚するか否か。不動産の分与方法をどうするか。

「解決のポイント」

当初妻が離婚に難色を示していましたが、別居が数年に及んだ場合、裁判になっても離婚が認められる可能性があることを説明し、より有利な条件で離婚するという方向に方針転換しました。

夫婦間には、夫名義の居住土地建物以外にも夫婦の共有不動産がありましたから、居住不動産と、共有不動産の共有持分を譲り受けることになりました。また、そのほかにも退職金の半額と現金約350万円を支払ってもらうことで合意しました。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集