ローンを全額負担させ、面会交流も適切な条件で行なう約束を取り付けた協議離婚の事例

「基本情報」

依頼者の性別 女性

年代 夫:30代/妻:40代

職業 夫:会社員/妻:パート

結婚歴 10年(再婚)

子供 3人(1人成人)

 

「依頼の経緯」

依頼者は、金銭関係がきっかけで口論になり、夫から暴力をふるわれた後、別居を開始しました。別居後、依頼者が単独で離婚の交渉を開始しましたが、夫が不合理なことばかり主張して話合いになりませんでした。そこで、対応方法を検討するため、当職に相談に来られました。

 

「争点」

面会交流の可否、負債の処理

 

「解決のポイント」

分与対象財産となる資産はありませんでしたが、再婚時の連れ子のために組んだローンが200万円程度ありました。夫はこのローンを全額妻に負担するよう要求してきました。また、再婚後の夫婦間の子との、宿泊を伴う面会を強く要求してきました。


このような夫の要求に対し、当職が粘り強く説得を続けました。その結果、ローンは全額夫の負担とすること、子との面会交流は双方の状況を見て可能であれば適切に行うこと、などの条件で離婚協議書を作成し協議離婚が成立しました。ご依頼から離婚まで2ヵ月程度と、迅速な離婚でした。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集