Q.不貞した側でも親権は獲得できるの?

自身の不貞行為のため離婚しました。それでも親権は譲れません。不貞を働いた側でも親権は獲得できるのでしょうか?

親権を決める基準には、母性優先の基準、継続性の基準、子の意思尊重の基準、きょうだい不分離の基準、面会交流の許容、奪取の違法性、などの基準があるといわれています。

ただ、当職の経験では、家庭裁判所は、以前から今まで子どもを中心的に養育してきたか否か、子どもの意思はどうか(子どもに判断能力がある場合)、という考え方で、親権者を決定していると感じています。

要するに、不貞を働いた側であるか否かは親権者の決定にはあまり影響しません


法律相談のご予約はお電話で 初回相談無料 082-555-9322 斎藤法律事務所

最新情報・解決事例

  • 離婚に関するよくある質問集
  • 当事務所の解決事例集